人気の高い二重まぶたプチ整形の流れ

人気の高い二重まぶたプチ整形の流れ

美容外科で人気の高いプチ整形メニューといえば、
二重まぶたの手術です。
まぶたの裏側を糸で止めるだけで憧れの二重まぶたが手に入ります。
 

 

日本人に多く見られる一重まぶたですが、
一重まぶたはまぶたの脂肪が目にかかるため、
その分目が小さく見えます。

 

二重まぶたにすることで目の脂肪が織り込まれて、
目が大きく見えるようになります。

 

美容外科での二重まぶたプチ整形の施術の流れについて
簡単にご紹介いたします。
まずは担当医師とカウンセリングを行って、
どのような目になりたいのかをシュミレーションしながら決めていきます。

 

それぞれなりたい理想の目の形はあると思いますが、
その人に似合う目の形がありますので、
理想を取りいれつつも最も似合う形を医師が提案してくれるのです。

 

手術は局部麻酔を使用して、
カウンセリングで決めたラインが描けるように裏側から糸を停めていきます。
手術にかかる所要時間ですがおおよそ15分を目安にしてください。

 

手術後万が一二重のラインが気に入らない時は、
プチ整形の場合簡単にラインの修正を行うこともできるのです。
その場合は担当した医師とよく相談してから再手術を受けるようにしましょう。

 

手術直後は少しの腫れがありますが、段々と腫れが落ち着いてきます。
入院する必要もありませんので術後しばらくしてからそのまま帰宅して頂けます。
メイク、入浴、洗顔は手術翌日からできるようになっています。

 

プチ整形とはいっても手術をしたことに変わりはありませんので、
術後1か月間は激しいスポーツや顔へのマッサージは控えるように言われます。